ローコスト格安住宅のメリット・デメリット

ローコスト住宅のメリットデメリットとは?

ローコストで理想の住宅を建てることができるとしたら最高ですよね。しかし、ローコスト住宅のハウスメーカーにどのような特徴があるかを理解していないと、理想の住宅を建てることはできません。
ローコストの格安住宅にはどのような特徴があるのでしょうか。

 

ローコスト住宅のメリット

ローコストとうたっている通り価格面において最大のメリットがあると言えます。一般的な住宅と比べた場合において価格帯はもちろんですが、設備においてもそれなりに充実しているという点も見逃せません。基本的な設備にIHクッキングヒーター等が含まれている場合もありますので、ただ価格が安いというわけではないということです。

 

ローコスト住宅のデメリット

一方でデメリットも存在しています。まずローコストなのは規格化されている基本の住宅部分のみです。反対に基本の住宅部分に物足りない場合には、オプションとして住宅の内容を変更していきます。このオプションの料金が非常に高くなってしまい結果としてローコストの住宅にならないという事態が発生してしまいます。

 

これは住宅の構造が規格化されていることによって建築費用を少なくすることができるために、ローコストの住宅が実現されているためであり、そこから追加で内容を変更させようとすると費用が大きくかかってしまうのです。

 

 

理想のローコスト住宅を建てるには

 

ローコスト住宅にはメリットデメリットそれぞれ存在しています。そのため実際にローコストで理想の住宅を建てたい方は、住宅の専門家に相談すると良いです。

 

▼スーモカウンター
スーモカウンターではアドバイザーが、中立的な立場でお手伝いをしてくれます。
理想の住宅についてアドバイザーに直接相談をされたい方はぜひ相談してみてください。

 

スーモカウンター(公式)はこちら

 

理想の家づくりにおいて妥協は許されませんので、ぜひ無料相談は試してみましょう!