1,000万円台で注文住宅を建てるために必要なこと

マイホームを買うならやはり注文住宅にしたいという人は多いでしょう。
好みの間取りやデザインの家でおくる生活には憧れます。

 

しかし建て売り住宅と比べると注文住宅は高価で、予算の関係で泣く泣く建て売りにしたという人も少なくありません。

 

しかし、いくつかのポイントを抑えれば注文住宅でも節約して建てることができます。1,000万円台で理想の住宅を建てることも不可能ではありません。
今回は、注文住宅を安く建てる時に気をつけるべきポイントについて解説します。

 

 

坪単価をあてにしてはいけない

住宅価格を考える際につい参考にしてしまいがちなのが坪単価です。
住宅の広告や価格の比較でよく見かける坪単価ですが、これをあてにして予算を考えたり、値段を比べたりしてはいけません。

 

例えば、坪単価30万円という文字を見た時に、
「一坪当たり30万円なら30坪の家を建てても1,000万円もしない、これは安い!」
と飛びついてしまう人は少なくありません。

 

しかし、坪単価は注文住宅を建てるのに必要な金額を示すものではありません。
坪単価は建物価格を面積で割って算出します。作られた建物を住宅として住めるようにするためには、水道や電気の工事、塀や門・カーポートなど外構の工事が必要となります。しかし、坪単価にはこれらの絶対に必要な工事の費用が含まれていません。
一般的に、坪単価と面積によって計算できる費用は、総費用の7割程度でしかないといわれています。

 

そのため、坪単価から予算を考えてしまうと後で予算オーバーになってしまうのです。

 

また、坪単価を計算する際の建物価格に何を含んでいるかは、建築会社ごとに異なります。ある会社では建物価格に含まれている設備でも、別の会社では含まれていないこともあります。面積の出し方も会社ごとに微妙に違います。
建物価格の内訳も面積の出し方も会社によって違う以上、坪単価を値段の比較に使うことはできません。

 

坪単価は広告を彩るためだけの数字です。

 

土地探しと建築会社探しは平行して行う

住宅を建てるには土地が必要です。
土地を持っていない場合は、土地探しも行わなくてはなりません。

 

建築会社を選ぶ前に、まずは土地を探そうという人が多いのですが、これは誤りです。
土地にあった住宅を建てるには、土地探しと建築会社探しを並行して行う必要があります。

 

建築会社によってどんな家になるかが決まります。デザインを重視するのか、それとも機能性を重視するのかで選ぶべき会社は異なります。また、得意な家の建て方も違います。狭い土地に建てるのが得意な会社もあれば、変形地をうまく活用できる会社もあります。

 

しかし、土地を売る方がどんな家を建てるかを気にはしません。売れれば良いのです。

 

そのため、土地だけを先に決めてしまうと好みの家が建てられなかったり、土地の状況に合う家にできなかったりなどの問題が発生してしまいます。このようなトラブルを避けるためには、土地探しと並行して建築会社探しをすることが必要です。

 

注文住宅づくりには時間がかかります。一般的に、始めてから入居まで1年ほどかかります。土地の状況や工事の内容、天候によってはもっと時間かかかることもあります。はやめに動き出すことが大切です。

 

 

建築費は土地の状況が大きく左右する

同じような住宅を建てるのでも、土地の状況によって建築費用は大きく異なります。

 

地盤が弱い場合、地盤改良工事が必要になります。工事にかかる費用は方法や土地の状態にもよりますが、数十万円から数百万円かかります。地盤の状況は調査しなければ詳細はわからないことが多く、またこの調査にも費用がかかります。
3階建てにする場合は、2階建ての場合よりもよりしっかりとした基礎が必要となるため、費用も大きくなります。

 

土地の形状も重要なポイントです
道路に面した四角い土地であれば安く工事できますが、土地の形が凸凹していたり、変形したりしている場合は余計に工事費用かかかりやすくなります。土地が奥まっていて重機が入れにくい場合などは、さらに工事費用が膨らみます。

 

形が良くて地盤も丈夫そうな土地というのは高いです。逆に、変形地や旗竿地などは価格が安いため、一見お得な物件に見えてしまいます。
しかし、いくら土地が安くても工事費用が嵩んでしまっては意味がありません。

 

どういう土地を買うのが良いのか、工事にどのぐらいの費用がかかるのかは素人にはなかなかわかりません。専門家の意見を聞いたり、建築会社に話をしたりする必要があります。

 

大手ハウスメーカーか地元の工務店か

家を安く建てる上で土地と同じか、それ以上に大切なのが建築会社選びです。どこに依頼するかで費用も家の住みやすさも変わります。

 

安く注文住宅を建てるためには、ハウスメーカーに頼むのと工務店に頼むのとどちらが良いのでしょうか。

 

一般的に、大手ハウスメーカーの住宅は高いです。
知名度があるような有名ハウスメーカーは、CMや広告を出したり、住宅展示場にモデルハウスを建てたりと、かなりの金額を宣伝に費やしています。
こうした広告宣伝費が住宅価格に上乗せされているため、大手ハウスメーカーの住宅は高いです。

 

地元の工務店の場合、多額の費用をかけた広告ではなく、口コミや信頼によって成り立っているところが多いです。広告宣伝費があまりかかっていないぶん、住宅価格も安くなりやすいです。

 

しかし、知名度のあるハウスメーカーでも安く住宅を建てることは不可能ではありませんし、小ささ工務店でもグレードの高い設備を使用したり良い素材を使ったりすれば高くなります。
ローコスト住宅が得意なハウスメーカーもあれば、高級志向の工務店もあります。

 

重要なのは知名度やイメージで依頼先を決めてしまわないことです。見積もりやプランを見なければ良し悪しはわかりません。

 

 

予算をオーバーしないために大切なことは?

注文住宅に限らず、住宅購入の際は予算を決めることと、予算をオーバーしないことが非常に大切です。

 

予算を決める際は全体でいくらではなく、毎月の住宅ローン返済額から考えるのがおすすめです。毎月の出費から考えることで、無理なく返済を続けることができます。
そして、決めた予算からは絶対にオーバーしないようにしましょう。

 

しかし、いざ家づくりを始めると「あの設備もつけたい、ここはデザインを変えたい」など夢が膨らんでしまいがちです。金銭感覚も麻痺してしまいやすいです。

 

この時、担当者が質の悪い営業だと大変です。売り上げを大きくするために色々なオプションをすすめたり、高い設備をすすめたりしてきます。口車に乗せられて、住宅ローンの返済に苦しむことになるかもしれません。
まともな営業であれば、予算を超えそうな場合に注意してくれたり、他のアプローチを考えてくれたり、様々なアドバイスをもらうことができます。

 

良い担当者と出会うためには、やはり建築会社選びが大切になります。

 

 

効率的に建築会社を探す方法

限られた予算内で良い家を建てるにはどこの会社に言えを建ててもらうのかが大切です。

 

しかし、注文住宅を扱う会社は無数多くあり、その中から良い依頼先を見つけ出すのは大変です。しかも、坪単価で価格を比較できない以上、見積もりやプランを見なければ比べることができません。

 

たくさんの会社の中から良さそうなところを探し、そこから一件一件に要望を伝え、見積もりをもらうのはあまりに非効率的です。

 

そこで便利なのが、スーモカウンターなどの一括提案が受けられるサービスです。たくさんの優良建築会社から簡単に提案を受けることができます。家づくりに役立つ情報を手に入れたり、アドバイスを貰うこともできます。
スーモカウンターの利用に費用はかからず、登録も簡単です。

 

お得情報
ローコスト住宅関連の講座に参加してみると最低限知って置かなければならない知識が手っ取り早く身についておすすめです。

 

1000万円台で家が建つ!?注文住宅価格まるわかり講座(無料)
ローコスト家づくり講座(無料)